無線にして正解だったWi-Fi環境、イライラから開放

主に据置型のPCとスマートフォンで使用しています。
PCはノート型ではないので有線でも構わないのですが、
スマートフォンの接続のために無線LANルーターを購入しました。

スマートフォンはパケット通信が3GBまで定額のプランなのですが、
子供に動画などを見せるとあっという間に超えてしまいます。

料金節約のため、ダウンロード時間の短縮のためにWi-Fiを使用しています。
通信速度もLTEよりも早く感じます。
動画が途中で止まるイライラからも開放されました。
子供を待たせずにすみ、とても助かっています。

元旦のラインが混みあいメッセージの送受信ができないようなトラブルも
Wi-Fiなら皆無です。
ルーター自体も約4000円と安価で家計の負担にもなりませんでした。
インターネットもマンションのプランなので月2000円程度ですし、
スマートフォンの代金も安くなりました。

今はPCとスマートフォンのみの使用ですが、今後子どもが
大きくなったらゲーム機などでも使いたいと考えています。
また、PCも模様替えなどの際には他の場所へ移動する
可能性もあるので、無線にして正解だったと思っています。

タブレットなども増える可能性もあります。
これなら、自宅内で使う限りはインターネットの使用料のみで
通信費は他にかかりませんし経済的です。

最近はテレビもインターネット接続が可能なものもあるみたいなので、
次回買い替える際はそういった物を購入し利用の幅を
広げられたらいいなと考えています。

いつでもどこでもの気軽さと時による不安定な通信回線

HOMEルータで自宅のインターネットライフに使用しています。
主にPCを繋いで使っています。
3DS、スマトフォーンとも繋いで使用、スマトフォーンは特に問題がありません。
ただ、3DSはスマッシュブラザーズ等のアクション系ゲームだとラグが発生します。

調子が良い日だとスムーズに動いてくれるのですが、悪い日だとカクカクで
プレイできたもんじゃありません。
日によって通信速度が左右される辺りが困りモノですね。

ネットと動画だけなら問題がまったくありません。
むしろ、それだけなら光回線を無理に繋げるよりもお得です。
料金的にも、手続き的にもです。それにいつでもどこでも気楽に
持ち運んでいけるところも魅力のひとつです。

ただ、iTunesでポッドキャストのストミーングを聴く場合は注意が必要です。
なぜなら途中でブツブツと途切れる時間帯があるからです。
そうなるとポッドキャストのデータを落とす速度も6時間くらいかかります。
日頃なら3分程度で落とせるというのにです。

とにかく、速度が安定しないのが痛いところです。
速度が安定しないことで動画のストミーングで画質が
AOUT設定の場合は低くなったりします。

動画中に速度が不安定になるのか、観ていると露骨に悪くなったり、
良くなったりと気になる場面が多々あります。

まあ、観れないことが無いのはいいんですが、気になる人はストレスが
溜まってしまいそうです。
気楽に使えるという利便性を除いたら光を使った方がいいと
思いますが、料金的なことや使用時間等を考えるとこっちの方が
コスト的に良いかもしれません。

想像以上の繋がりの良さと安定感!便利なWiMAX

仕事柄、家以外でも外でもPCを使用する事が多く、
またスマホもWiFiに繋げた方が都合の良い事が多く、
無線LANの方が使い勝手が良く、更に費用対効果も
高い事がわかりました。

WiMAXを使い始めたのは、今のPCを購入する際、セットでお得
という触れ込みで使用し始めたのですが、想像以上に繋がりも良く、
回線も安定してます。
家では、プリンターや2台のPC、iPad、iPhoneに繋いでいます。

また、無線LANの良いところは、外出時、他の人達のスマホにも
デザリングが出来るのと、WiFi専用のiPadを利用している人等、
良く逢う人には、IDとパスワードを入力して、私と逢う時には、
自動的に私のWiMAXに繋がる様に設定しています。

意外とPCは家のみで、スマホだけ持ち歩き、スマホで
ネットサーフィン等する人も多いので、とても重宝されています。
WiMAXは、どこにいても繋がりやすく、バッテリーも長持ちするので、
いつでもどこでも持ち歩いています。

万が一のバッテリー切れに備えて、スマホやWiFiの複数充電が出来る
携帯式バッテリーも持ち歩いているので、USBからも電源からも
充電する事が出来るので、困った事がありません。

また、プリンターと無線で繋げられるのはとても便利で、
固定LANに比べると配線の手間もなく、コードも必要ないので、
全てがすっきりとおさまり、PCもコードの長さを気にせず、
場所を選ばず使えるので、使い勝手の良さがとても魅力です。

臨機応変!我が家の各種機器でのWi-Fiの利用方法

Wi-Fiを各種ネットワーク機器に接続して使っています。
Wi-Fiでの接続をしている機器は、携帯ゲーム(PSP、Nintendo3DS)や
スマートフォン、ノートパソコンなど、部屋をまたいで使う可能性のあるもので、
テレビやデスクトップパソコン、PS4やWiiなどの卓上ゲーム機など
使う場所が固定されるものはWi-Fiを利用していません。

Wi-Fiネットワークにはパスワードはかけていますが、台数が増えた時など
不便なことがあるためMACアドレスによる制限等はかけていません。

最近は、携帯ゲーム機などにも通信型のゲームが増えてきているため、
家族内や友人たちと通信しながらゲームをする場合にも非常に便利です。

また、スマートフォンでWi-Fiを使用していると、ゲームやアプリケーションなどの
ダウンロード/アップロードの場合に、Wi-Fi通信を利用することができるため、
データダウンロードが早いだけでなく、データ通信料を抑えるのにも
役立っています。

ただ、Wi-Fi機器での通信が主になると、メールの受信が止まってしまったり
(月1回くらいで通信チェックが発生)、ときどきネットワークの切断が起きた場合に
なにも使えなくなる場合もあるので、そのあたりはAutoWi-Fiではなく、
手動でつなぐように気をつけています。

また、外でのWi-Fiについては、Docomoなど主力メディアが準備しているWi-Fiの
アクセスポイントは利用しますが、よくわからないアクセスポイントについては
セキュリティ面からみても利用しないようにしています。